ヤマセミ・カワセミ 撮影日記

カワセミの青い背中に惹かれ鳥撮りの世界へ。そして、今、ヤマセミやタカへも

ヤマセミ 巣穴 観察8  観察日:05月06日

前回の観察7(5/1)から5日後、06:27 ~ 08:42 無人ビデオで撮影観察

前回は、撮影時間の半分以上、巣穴に餌を運んだ成鳥が巣穴にとどまっていた。
このころになると、長時間留まることはなくなった。

巣穴への出入りを4回観察したが、すべて、餌をを咥えている。
巣穴から出るとき、頭から出るときと、尻尾から出るときとある。

↓ 頭から出る (ビデオからの切り出し)
00363_Capture_12.jpg

↓尻尾から出て、巣穴の外で体をひねって飛ぶ(ビデオからの切り出し)
00364_Capture_10.jpg

尻尾から出るときの動画が続きにある。


【まとめ】
・ 録画した2時間15分間で給餌4回 おおむね30分に1回の給餌
      ♂1回  ♀3回
・ 巣穴に入ってから出てくる時間 28秒から80秒 1分弱が2回 
・ 4回の給餌のうち 3回は尻尾から外へ、1回が頭から
     ちなみに、頭から出た1回は♀である


続きを読む

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑↑ポチしていただくと嬉しいです
撮影場所:原則非公開・連絡方法について

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/31(木) 12:00:00|
  2. ヤマセミ
  3. | コメント:0

ヤマセミ 巣穴 観察7  観察日:05月01日

餌場で成鳥に大きな変化があってから5日目である。

先に観察(4月29日)では、
・14:35~18:11の3時間36分間で 餌運び4回
・巣穴に成鳥♂♀のいずれかが入っている
ということが分かった。

これがどう変化するのか興味があるところである。
それで、無人ビデオ撮影(07:30~11:45)をした。(私は餌場で待ちぼうけ)

↓ビデオからの切り出し
20180501_Capture_1.jpg

【観察のまとめ】
観察時間 07:30~11:45(4時間15分)

・ 4時間15分間の録画時間の中で、餌運び 9回 ♂6 ♀3 およそ29分間に1回の餌運び
       時間帯は違うが、餌を運ぶ回数が多くなった
    抱卵途中であった卵がかえり雛が増えたとか、雛が成長して体温調整ができるようになったとか、
    成長に伴い給餌の回数が増えたとか、様々な理由が考えられる。

・ 巣穴に親がいなかった時間 約100分
  100分/255分=約45% 親不在の時間が長くなった

・ 給餌に入った親が尻尾から出ることが複数回数あったが、いずれも、♂♀2羽が同時に巣穴に入った時である。
 1羽だけ入った時は頭から出る。これは、雛が小さく産室に、親が向きを変えるスペースがあるのだろう。

続きに、動画と観察メモがありますが、面白くないです。
上に書いたことの証拠がだらだらとあるだけです。
データを示さない観察なんてという、僕流のこだわりです (笑)


続きを読む

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑↑ポチしていただくと嬉しいです
撮影場所:原則非公開・連絡方法について

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/30(水) 12:00:00|
  2. ヤマセミ
  3. | コメント:0

梅雨入り

5月28日九州北部に梅雨入りが発表されました。
例年より8日早く、5月の梅雨入りは5年ぶりだそうです。
5年前のヤマセミ撮影記録を見て、早い梅雨入りに備えなければと思っています。

1DX_0356_1805.jpg

ここは増水ポジションの一つ。まずは、


続きを読む

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑↑ポチしていただくと嬉しいです
撮影場所:原則非公開・連絡方法について

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/29(火) 11:28:51|
  2. ヤマセミ
  3. | コメント:0

ヤマセミ 巣穴 観察6  観察日:04月29日

  * 巣穴観察はおおむね1月遅れでUPしています

14:20~18:20 距離100mの対岸藪の中から巣穴を観察
           同時に、巣穴右30m付近から無人ビデオ撮影

フィールドの様子から、孵化したとみられるので、その確認。

まずは、孵ったことの証拠写真
  ビデオからの切り出し。静止画もあるが、そちらは、逆光で魚が見にくい。
180429_Capture.jpg

14:20~18:20 観察したことのまとめ

① 14:35~18:11の3時間36分間で
     餌運び4回 ♂3回 ♀1回  54分に1回

② 巣での滞在時間は、♂が長い。ただし、♀は1回のみで参考にならない

③ ♂♀ともに、巣から出るとき、頭から出る。
   雛が孵ると、中に雛がいるので向きを変えることができないので、尻尾から出ると読んでいた。
   しかし、去年は5羽の雛が孵っており、巣の中で5羽が巣立ちまで過ごすスペースがあるはずであり、
   卵から孵った時の大きさの時は十分にスペースがあるはずである。
   また、親2羽も入るスペースもあると考えられる。

   ちなみに、卵数は4~7個。大きさは約40×31.5 mmであり、ウズラ(39㎜×31㎜とほぼ同じである。
   これが、鳩の大きさまで巣の中で育ってくるので、成長の途上では親が向きを変えるスペースはなくなるであろう。
   と考えると、孵化何日ぐらいで、親はお尻から出るようになるかも気になるところである。

④ 3時間36分間で、巣穴に親2羽ともいない時間は、わずか33分間
    13分間 と 20分間  まだこの時期は親が滞在する時間が長い
    33分/216分=約15%

    まだ、孵っていない卵があり、抱卵が続いていることや、あるいは、雛が小さいので温めていることが考えられる。
    成長するにしたがって、親が♂♀ともに外にいる時間はどうなっていくかも気になってくる。

⑤ 孵ったあとの卵の殻はそのままか これも気になる

続きに、この観察メモがあります

続きを読む

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑↑ポチしていただくと嬉しいです
撮影場所:原則非公開・連絡方法について

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/28(月) 12:00:00|
  2. ヤマセミ
  3. | コメント:0

ハヤブサ営巣地  撮影日:05月24日

今朝はヤマセミとダブルヘッダー。
朝一のヤマセミ撮影を終わって、ここへ。
そのため、500㎜を使ったが、ここでは600㎜がいい。500では遠すぎる。

まず、ここでのハヤブサはやっぱりここを選んでしまう
背景がいいし、何よりも、暗いのでピントが合いやすいのです (笑)

1DX_1116_1805.jpg

ここを幼鳥が飛ぶのを期待。
もうそろそろと行ってみたが、まだだった。


続きを読む

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑↑ポチしていただくと嬉しいです
撮影場所:原則非公開・連絡方法について

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/27(日) 12:00:00|
  2. ハヤブサ
  3. | コメント:0

アオバズク & ネットの力  撮影日:05月24日

ハヤブサの営巣地の巣棚付近で、カラスとともに飛び出した これ

ファインダーを覗いているときは、
ハヤブサの雛に悪さをするカラスをハヤブサ親が追い払っていると思っていたが、
違う!
何? サシバ?  なんと、アオバズク !!

1DX_1220_1805.jpg

何でしょう。教えてください、お願いします。
と、書いていたら、教えていただいた。
なんと!アオバズク コメントいただいた3人の方、本当にありがとうございます。

追記 5/27 08:40
 教えていただいて、撮影中のことを思い出した。
   ・ 体が短い
   ・ 目が目立つ
 と感じていました。なるほどです。

ネットの力です。
教えていただいた3名の方とはお会いしたことはありません。
ブログを訪問し拝見していただいているだけです。
そういう方とつなぎ、知見をいただくことができる。
ネットの力を実感。



続きを読む

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑↑ポチしていただくと嬉しいです
撮影場所:原則非公開・連絡方法について

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/26(土) 12:00:00|
  2. アオバズク
  3. | コメント:4

望外の  撮影:05月24日

ハヤブサの幼鳥が、岩棚に見えることを期待し営巣地へ。
残念ながら・・・・・

しかし、望外のハチクマ
(ハチクマですよね。 間違いはご指摘ください)

1DX_1060_1805.jpg

「望外」  中学3年生が使った言葉を思い出した
71歳になるまで、僕は使ったことがなかったなあ

ハヤブサの営巣地で待っていると、西の方で5羽が舞っている
ハヤブサの幼鳥!?? であるはずがないと双眼鏡で覗くと、ハチクマ
まだ渡っているんですね。しかも、こんなところで!

この日は6羽を確認


続きを読む

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑↑ポチしていただくと嬉しいです
撮影場所:原則非公開・連絡方法について

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/25(金) 12:00:00|
  2. ハチクマ
  3. | コメント:0

採餌ならず

ダイブーーー餌なし
餌を咥えてくることを期待するが、採餌が成功するとそれで終わってしまうこともある
失敗すると、続きも期待できる。

1DX_9656_1805.jpg

今日は、このシーン


続きを読む

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑↑ポチしていただくと嬉しいです
撮影場所:原則非公開・連絡方法について

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/24(木) 12:00:00|
  2. ヤマセミ
  3. | コメント:0

今日の食事も鎌柄  撮影日:05月22日

今日はお食事シーン

05:35

1DX_0450_1805.jpg


続きを読む

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑↑ポチしていただくと嬉しいです
撮影場所:原則非公開・連絡方法について

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/23(水) 12:00:00|
  2. ヤマセミ
  3. | コメント:0

ヤマセミ抱卵中 ♂♀の交代

ヤマセミは抱卵中に♂♀の交代をどう行うのか
 ・ 一日に何回、何時ごろ?
 ・交代の合図は?

これを知りたくて、巣の前30mに無人ビデオをおいて撮影

時々、ドジな♂の場面も、なにやってんだあ~  デス

4月18日の動画
この動画の前半は、交代相手の♀がいないのに♂が出てしまい、また巣へ戻る
後半は、巣の中に♀がいるのに♂が入ってしまい、お尻から出る
スマホなどで埋め込み動画が見れない場合はこちらで ⇒⇒ クリックでユーチューブへ



無人ビデオで撮影中に僕は餌場で静止画撮影、効率がよい観察! いえいえ、後が大変。
例えば4時間のビデオは、倍速で見るが、とにかく画面から目が離せない。
ずーーーと、巣穴だけを見つめる、
時々ちらっと。巻き戻して通常の速さで見ると・・・虫だったり (笑)
ちらっと見えたら通常の速さで見てを繰り返し、そして、動きのある場面を編集
結局4時間以上かかる
まだ見てない動画が残っているが、くたびれてしまい放置。


【巣穴の出入り動画を見て  勇気のあるまとめ】

    2時間半~3時間ごとに、♂♀で抱卵を交代する    交代は♀が主導
    巣が留守になることがある  抱卵していない方は餌場付近にいる(巣付近で待機・見守りはしない)


* あくまでも「ここで」の気づきに過ぎない。しかも終日の観察ではない。だから、蛮勇に近いまとめ。
 ・ ♂は一声だけ鳴いてすぐに入る。 時々、♀が中にいるときに入ることもある。
 ・ ♀は外で鳴いて、♂が出てくるように合図をして交代する
 ・ ♀が外にいる♂交代するときは、巣穴からでてフィールドにいる♂に巣穴に行くように仕向ける。
 ・ 抱卵交代(巣穴の出入り)の時刻、おおむねだが次のとおり
    ♀→7時ごろ→♂→10時ごろ→♀→12時半ごろ→♂→15時ごろ→♀→17時半ごろ→♂→ もう一回?
    日の出、日の入り近くの様子は、観察していないので不明
 ・ ♂♀ともに巣にいない時間があり、長い時は1時間以上放置。それでも孵る。

〇 夜間の抱卵は♂♀いずれか不明。♀かなあ。一番興味があった点だが、暗くてビデオ撮影不能。
  餌場にいる♂を、後から来た♀が追い回し、巣穴の方へ向かわせることから
  夜間は♀が抱卵すると思っている。
  実視で観察すればいいけど、イノシシが怖い。

〇 番の一方が巣穴にいるときに、
  抱卵していない方は、500mも離れた餌場にいる。(採餌やまったり)
  巣穴付近で待機したり見守ったりすることはない。

〇 交代は♀主導。
  抱卵していた♀は巣穴から出て、餌場で♂を巣穴へ向かわせる。(追いやる)
  ♂が抱卵しているとき、♀が巣穴付近で鳴くと、♂が出てから♀が入る。
  だから、♀⇒♂の交代時は間がかかる、♂⇒♀の交代時はスムーズである

動画からメモした巣穴の出入りの記録が続きにあります



続きを読む

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑↑ポチしていただくと嬉しいです
撮影場所:原則非公開・連絡方法について

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/22(火) 11:36:16|
  2. ヤマセミ
  3. | コメント:0
次のページ

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

シャイな夫婦  2羽行動中の証拠写真  撮影日:02月18日 2020/02/19
カワセミ 2020/02/18
高いホバ 2020/02/17
酷い証拠写真だが春   撮影日:02月14日 2020/02/16
逆光ホバ2  SS 1/1600 2020/02/15
逆光ホバ 2020/02/14
ホームグランド  撮り方を忘れた?  撮影日:02月12日 2020/02/13
久しぶりのホームグランド  ご機嫌伺  撮影日:02月10日 2020/02/12
ホバリング  キャッチアイ 2020/02/11
ホバリングから採餌を追いかけるのは難しい 2020/02/10
クマタカ詣で  最後 2020/02/09
クマタカ詣で  またも餌を抱えて 2020/02/08
クマタカ詣で  with ハイタカ 2020/02/07
クマタカ詣で  こんなシーンは最初で最後かも 2020/02/06
新カワセミフィールド 2020/02/05

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
ヤマセミ (769)
カワセミ (308)
ヤマセミ カワセミ (32)
ハヤブサ (73)
ハヤブサとカワセミ (1)
ブッポウソウ (3)
ミサゴ (9)
ヤマガラ (1)
ハチクマ (61)
サシバ・ハイタカ (1)
ハイタカ (51)
機材 (5)
アオサギ (2)
コミミズク (7)
その他 (8)
カケス (1)
サシバ (2)
ツミ (1)
合成 (1)
アオバズク (9)
クマタカ (16)
アカハラダカ (5)
チョウゲンボウ (3)
ヤマセミ&ハイタカ (1)
オオタカ (2)
アトリ (1)
メジロ (4)
秋の渡り (17)
ソウシチョウ (2)
ハイイロチュウヒ (8)
ヘラサギ (1)
ノスリ (2)
コジュケイ (1)
サンカノゴイ (1)
ゴイサギ (0)
ササゴイ (2)
チュウヒ (11)

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

baku9907

Author:baku9907
ヤマセミ・カワセミの撮影を楽しんでいます

2012.6.17~2015.12.9
  アサブロ在住
    アサブロの記事 → クリック
2015.12.10 ここFC2に移住

昭和22年生まれ 男性

◆使用機材◆
Canon EOS-1D X
Canon EOS-5D Mark Ⅲ
Canon EOS-7D
EF500㎜ F4.0 L ISⅡ USM
EF600㎜ F4.0 L USM
EF400㎜ F5.6 L USM
EF300㎜ F2.8 L USM
Sachtler FSB 8T
GITZO GT4542LS
BENRO GH2(GIMBAL HEAD)
BENRO C3570F
BENRO A4570T
SLICK ザ プロボット スポーツ
  (一脚)
PIXEL Wireless Shutter
     Remote Control T8
Lightroom CC
Photoshop CC

撮影場所情報は、フィールド保護のため原則非公開としています