ヤマセミ・カワセミ 撮影日記

カワセミの青い背中に惹かれ鳥撮りの世界へ。そして、今、ヤマセミやタカへも

ヤマセミフィールド 僕が撮影に行くフィールドの話 その2

前回からの続きです   前回はこちら

写真はタイトルとは違って、カワセミです。カワセミブルーっていいですよね。これに魅かれて鳥の世界へ入りました。
そして、たまたまヤマセミと出会い、ヤマセミフィールドの観察に入りました。

1DX_3575_1708_s.jpg

前回は、僕がヤマセミフィールドを見つけた時の経験から、参考にした情報を中心に記事にしました。
その続きです

残暑というそうですが、猛暑です。
昼間は、鳥たちも茂みの中で日を避けるのか姿が見えなくなり、僕も気合が入らずフィールドに行くのが億劫になります。

しかし、鳥撮りに入ったばかりのころは、通常のフィールドで撮れない今こそ、他を探すチャンスと歩き回っていました。
暑いけれども、頑張らねば歳が進みそう。気合いだ!気合だあ! と新フィールド探しへ

↓ 野鳥観察用の板壁発見。  所々に穴があり覗けるようになっています。   かなり古いです。
  設置当時に観察できた野鳥の写真でしょう。ヤマセミの写真もあります。
  今は観察に来る人はいないし、これを知っている人も少ないでしょう。朽ちかけています。
DSC_0070_s.jpg
昨日は、この周辺で籠って見ました。
ヤマセミとは出会えませんでしたが、若いカワセミが11mくらいに。  ノートリ
1DX_3630_1708_s.jpg
大きく口を開けているので、連写。やっぱりペレット吐き出し。それが終わってから他所へ。
1DX_3561_1708_s.jpg

すべて、08:50頃の撮影  Canon EOS-1D X + EF500mm f/4L IS II USM   SS 1/160  f 4.0  ISO 1600
このカメラポジションは涼しいが、暗くて写真向きではない。
運よく道を見つけたので、また行ってみたい。時期を変えたりして籠る価値はある。粘りだあ~!


さて、前回の続きです。

ヤマセミ情報を手に入れたら、確かめに行って出遭えたら超ラッキー。
カワセミ撮影を楽しみながら、ヤマセミが来たら、声を聞いたら幸運。

ヤマセミがよく来る場所の雰囲気は
  ・ もちろん、人が来ない(しかし、意外と穴場も)
  ・ 水深があまりない
  ・ 水面に張り出した枝がある
  ・ 魚がいる・・・・釣り師さん(特にハヤ釣り、友釣り、投網)のお好みポイント、カワウやサギがやって来る

ヤマセミ情報があって、こんな場所があれば、可能性は大きい。後必要なものは

        粘り でしょう

今朝、鳥友さんからヤマセミ2羽が水面ぎりぎりを飛んでいる写真が送られて来ました。
そこは、今期、ヤマセミが見れなくなった所。彼は、戻って来ると信じて真夏にも通っていた。
とうとうやったねと、頭が下がります。
最後必要なものは、やっぱり粘りでしょう。

それから、僕の場合、
・ 草むらの向こうなどが多いので、雑草が枯れたころにカメラポジションまでの道を探しています。
 ( 今の時期に、初めての草むらを通るのはマムシ・マダニ・窪地などいろいろと怖いです。それでも行くけど )
・ ヤマセミはお気に入りの枝に、ほぼ同じ時間帯に飛来します。
  ということは、そこにブラインドを張ればいい。でも、毎回同じ絵柄となる。
  だから、お気に入りの枝を中心に東西南北・遠近など条件を変えてカメラポジションを探しています。

ヤマセミの環境調査に協力したときのことです。
調査員の方はフィールド全体が俯瞰できる場所を探し、そこから観察されます。
500m離れた山の上から、ヤマセミがダイブするところが見えます。岩に止まっているのも分かります。
フィールド全体を把握するには、これはいいですね。ヤマセミの動きをつかめます。

2回に分けてぐだくだと書いてしまいました。
要するに、いろいろ情報を探して、後は粘り、辛抱 そんだけのことでした。

なお、ブログ右下の 撮影場所:原則非公開( ⇒⇒ それは ) から情報提供についての考え方を開くことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


撮影場所:原則非公開・連絡方法について

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/20(日) 12:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
<<カワセミ | ホーム | ヤマセミフィールド 僕が撮影に行くフィールドの話>>

コメント

参考になりました!

わたしは、全く鳥友さんはいなく、一人でヤマセミ、翡翠撮りをしているので、今後の撮影の参考になりました。
 ハードにソフト、粘り!あとは、神様の降臨を待つ!
ヤマセミは手強い!
だから、のめり込んでしまうのですかね!
ヤマセミとお友達になれるようにがんばります!?
九州から色々、情報、ありがとうございました。

翡翠撮りながら、ヤマセミの動向を観察しています。
今後もよろしくお願いします
  1. 2017/08/20(日) 19:35:18 |
  2. URL |
  3. 札幌コバ #-
  4. [ 編集 ]

札幌コバ 様


フィールドあっての写真で、皆さんは苦労なさっているし、
私の苦労ををまとめてみたところです。
写真としてはまだまだ未熟で、その一番の理由はセンスがないことですが、技術的にはヤマセミと出会う回数がないと腕は上がらない。まだまだ安定したフィールド、パフォーマンスに出遭えるポイントが欲しいところです。
居ついたヤマセミが棲みつき、来年には幼鳥が舞うようになることを期待しています。
  1. 2017/08/21(月) 06:08:42 |
  2. URL |
  3. baku9907 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

秋の渡り ハチクマ06 好きなポーズ 2020/09/28
秋の渡り ハチクマ 05  行かんと分からん  撮影日:09月27日 2020/09/27
秋の渡り ハチクマ04  撮影日:09月25日 2020/09/26
秋の渡り ハチクマ03  鳥瞳AFはなくても  撮影日:09月22日 2020/09/25
秋の渡り  ハチクマ撮りが、M6II練習&テストになった  撮影日:09月23日 2020/09/24
秋の渡り ハチクマ02  白と黒  撮影日:09月22日 2020/09/23
秋の渡り ハチクマ01 キター! 2020/09/22
秋の渡り  鳥運急落 2020/09/21
秋の渡り 鳥運急下降 撮影日:09月20日 2020/09/20
秋の渡り ハチクマ のはずだったが 2020/09/19
秋の渡り アカハラダカ03 09月15日 2020/09/18
秋の渡り アカハラダカ02 09月15日 2020/09/17
秋の渡り観察 佐世保烏帽子岳の夜 2020/09/17
秋の渡り アカハラダカ01 09月14日 2020/09/15
水浴び 2020/09/13

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (35)
ヤマセミ (902)
カワセミ (329)
ヤマセミ カワセミ (32)
ハヤブサ (103)
ハヤブサとカワセミ (1)
ブッポウソウ (3)
ミサゴ (9)
ヤマガラ (1)
ハチクマ (75)
サシバ・ハイタカ (1)
ハイタカ (51)
機材 (8)
アオサギ (2)
コミミズク (7)
その他 (10)
カケス (1)
サシバ (2)
ツミ (1)
合成 (1)
アオバズク (11)
クマタカ (16)
アカハラダカ (8)
チョウゲンボウ (3)
ヤマセミ&ハイタカ (1)
オオタカ (2)
アトリ (1)
メジロ (4)
秋の渡り (17)
ソウシチョウ (2)
ハイイロチュウヒ (8)
ヘラサギ (1)
ノスリ (3)
コジュケイ (1)
サンカノゴイ (1)
ゴイサギ (0)
ササゴイ (2)
チュウヒ (11)
アオゲラ (1)
カッコウ (1)
星景 (4)
トビ (1)

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

baku9907

Author:baku9907
ヤマセミ・カワセミの撮影を楽しんでいます

2012.6.17~2015.12.9
  アサブロ在住
    アサブロの記事 → クリック
2015.12.10 ここFC2に移住

昭和22年生まれ 男性

◆使用機材◆
Canon EOS-1D X
Canon EOS-5D Mark Ⅲ
Canon EOS-7D
EF500㎜ F4.0 L ISⅡ USM
EF600㎜ F4.0 L USM
EF400㎜ F5.6 L USM
EF300㎜ F2.8 L USM
Sachtler FSB 8T
GITZO GT4542LS
BENRO GH2(GIMBAL HEAD)
BENRO C3570F
BENRO A4570T
SLICK ザ プロボット スポーツ
  (一脚)
PIXEL Wireless Shutter
     Remote Control T8
Lightroom CC
Photoshop CC

撮影場所情報は、フィールド保護のため原則非公開としています